<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
3010 ご挨拶
araitakehito 3010 anniversary live
ご来場くださった皆様、
心よりお礼申し上げます。
あの荒天の中、本当にありがとうございました・・!!


そしてこれまで僕の演奏活動に
少しでも関わってくださったすべての皆様、
心より感謝申し上げます。



10年で取り組んできたいろいろなものを
ほぼすべて凝縮したライブ、
3時間の予定が4時間にも及び・・
前日10時間・当日6時間のリハと合わせて
20時間弾き倒し!!!
実際やれちゃうモンだなと感心しました。笑



そして今日、
昨日までの日々が信じられないほど穏やかに
30歳の誕生日を迎えることができました。
昼過ぎに起きて、
昨日のアンコールで皆々様から頂いた『ギャラ』を
何度も何度も見ながら
こうして活動を続けてこれたことのありがたさを
改めてじっくりと感じさせていただきました。



忙しかったここ数ヶ月分の達成感とともに、
今日は子どもたちとも久しぶりにゆっくり過ごしました。
10年の演奏活動と30歳の誕生日、
2つの節目を最高に素晴らしい形で迎えることができましたが、
もちろんここで何かがストップするわけではなく
またここから先の10年、20年、30年を
これまで以上のパワーと情熱で過ごしていくことを
ここに宣言したいと思います!





まもなく年明けですね。
2011年も演奏で皆様を少しでも
元気づけたり励ましたり、
温かく寄り添うことができればと思っています。








最後に、10年を締めくくる一文字を。








d0010809_0101854.jpg
                          【楽】





なんのヒネリもないですが。笑


自分が純粋に楽しいと思うこと。
相手に素直に楽しんでもらえること。


それをひとつひとつ音にしていく。
そんな10年でした。







心からの
笑顔と感謝と、
愛をこめて。





2010年12月31日

新井武人
by takehito_arai | 2010-12-31 23:52 | 演奏報告
いよいよ!
さあ12月30日がやってきました!
泣いても笑っても、
強風でも大雪でも今日がライブです!!


会場での前日リハを
みっちり10時間もやりましたからね。紅白クラス。
あとは思いっきり楽しむだけです!


メンバーもお客さんも、
皆さんどうぞ無事にROOMSへお越しくださいね!
お待ちしてます~♫♪♫♪♫♪
by takehito_arai | 2010-12-30 02:33
30日ライブ 予告先発
・・の前に、
30日ライブゲスト、追加発表!


・ぺぺ伊藤
福岡で活躍するギタリスト。
アコーディオンを始めてすぐのころ、
レストランでの演奏を数ヶ月、
彼とのデュオでやっていました。
福岡のミュージシャンで彼を知らない人はいない・・というぐらい
幅広くたくさんの方と活動を展開しています。
年も近いしお互いの活躍を励みにしながら
30代もよろしくお願いします!
3部でニューアルバムの曲を弾き倒してもらいます~♪♪


・dancer YUKI & AYUMI
8月のムーンライトリリースでも登場し
皆をドキッとさせてくれたダンサーの二人。
今回も僕の再共演リクエストに応えてくれることになりました!!
セクシーでキュート、しなやかでリズミカルな二人のダンスの虜・・


・bailaora URARA
フラメンコダンサー。
ちいちゃんが『女性の表と裏』を描いた名曲・nina を
時にかわいらしく、時に妖艶に、時に激しく・・
うかつに手を出すとヤケドしちゃうよ!


・marble more
レトロポップなコーラスガールズ、マーブルモア!
3部、ニューアルバムの楽曲に
チャーミングな彩りを添えてくれます♫
実はコーラスよりも衣装と振り付けに
重点が置かれているというウワサ・・


・カメンノオトコ
僕のライブにたまーに出没するナゾの人物。
今回も来てくれるとのウワサですが・・
いったいどのタイミングで出てくるのでしょうね・・ふふ。






そして、30日ライブの予告先発!

リンギンにホーン隊を加えた[Ringin' Fantasic Orchestra]による
【Ringin' Moonlight Carnival】で幕開けです!!
「リンギーン!」叫ぶぞー!!!
by takehito_arai | 2010-12-24 16:03
30日ライブ予約完売のお知らせ
12月30日ライブのご予約が
定員に達しました。


忙しい年末にライブなんて・・
実はけっこう心配もしてたんですが
早くからたくさんのご予約を頂き
とても励みになりました。


ここに改めて厚くお礼申し上げます!



県外から泊りがけで来てくれる方もたくさん。
そのご期待をきっと超えるようなライブをお約束します!




定員には達してしまいましたが
立ち見チケットを若干数用意しています。
コチラへお問い合わせください。
rbrclub@yahoo.co.jp




さーいよいよ!
by takehito_arai | 2010-12-24 15:11 | 演奏スケジュール
Solo Album のご紹介!
【Clap your hands, Take my songs】
d0010809_164653.jpg


リンギンのメンバーも演奏してもらっている曲が半分、
僕ひとりで演奏している曲が半分。
ひとりといってもアコーディオンだけじゃなく、
ギター、バンジョー、ウッドベース、
ピアノにトランペットにパーカッション・・
できる楽器全部入れ込んでます!


演奏活動10年の節目にリリースだからと
メンバーが薦めてくれたこともあり、
このアルバムはRingin' Bells Rondo Club としてではなく、
個人名義 arai takehito として製作させてもらっています。
温かい後押しに感謝。


内容は、
限定CD-Rなどでのリリースを除く新曲5曲、
これまでにリンギンでリリースした曲のリメイク3曲。

そしてイチかバチかの、全曲歌モノ!
たま~にいるんです、僕の歌を気に入ってくれる方。
そんな方にはお待たせしました、超オススメ!
そうじゃない方にはハッキリ言ってオススメできません!笑

ちょっと専門的な話ですけど、
「アコーディオンが主体になったサウンドでの歌モノ」って、
実はフランスのシャンソンとかでしかほとんど聴くことができなくって、
特に日本にはあるとしても曲のほんの一部分に
アコーディオンがチラッと聴こえてくるぐらい・・
このアルバムではいろいろな音楽スタイルを取り入れつつ
アコーディオンが歌と同じぐらいしっかり主役になっています。
そういう意味でも画期的な作品なんです!
特に日本においては!!

・・ハイ、自慢です。



新曲はもうね、
これでもかってぐらいエネルギーが満ち溢れてます。
リメイクのほうは
それぞれの曲の世界感を
さらに深く広くカタチにすることができました。
これまでのアレンジと全然違うから
前のを持ってる方にも楽しんでいただけるはずです♪♪




それでは
【Clap your hands, Take my songs】 楽曲紹介~!!

1. Nice Middle

ちょっとニヤけちゃう、さわやかサウンドで幕開け!
ライブやツアーに出かけるときの、あのワクワクする気持ち。
タイトルは「ミドルテンポのナイスな曲」という意味でつけました。
昨年末の限定版に入れてましたが
今回リンギンのバンドアレンジで正式リリース!
歌詞も一部、今のリンギンに合わせて変えてみました。
アクセル踏んでレッツゴー!!



2. おすそわけ

実はアコーディオンを始めるより前に作っていた曲。
ギターを弾いて歌っていた10年前・・
今でも同じ気持ちで歌っています。
一番僕の素のところで書いてあって、
飾らない想いがそのまま出てます。
自分でアコーディオン、ギター、バンジョー、ウッドベースを弾いて、
ゲストにクラリネットtakashi、ウォッシュボードrieko、
ジャカジャカ賑やか楽しいアレンジ!



3. Hug me, SUZZY!!!


リメイクその1!
3年前、子どもが生まれたときに子ども目線で仕上げた曲なんですが、
その子もすくすく成長し、友達や弟もでき、
この曲も同じようにやんちゃに成長しました。笑
サビのところのガツガツしたエレキギターがめっちゃ気に入ってます♫♪



4. 公園のベンチで

僕も子どものころから親しんでいた福岡の大濠公園が舞台です。
小さいころは親と普通に遊びに行ったり、花火大会で行ったり。
今では公園の中のレストランへ、結婚式の演奏でよく行くんです。
天気の良い日にキラキラ輝く水面、
散歩やジョギングを楽しむ人たち、
楽しそうに遊んでる子どもたち。
ある時、僕の息子(3歳)が大濠公園のことを
覚えまちがえて「ほっこり公園」て言ったんです。笑
それを頂いてのほっこりアレンジ、
ちーちゃんのコーラスがキュンとくる!
歌詞にも出てくる、大濠公園のすぐ近くにあるモアにも
寄ってみて下さいね。



5. 丸い丘

リメイクその2!
これも「おすそわけ」と同じぐらいの時期に作っていた曲。
もともとは軽快なカントリーソング風でしたけど
歌詞のテーマに合わせて雄大な海をイメージしたアレンジに。
アンケートでも、好きな曲のところに
「丸い丘」って書いてくれる方が実はけっこう多くて、
みんなも歌詞の向こうにある風景や想いを
ちゃんと感じてくれていると思うと
すごく温かい気持ちになります。
「おすそわけ」と「丸い丘」は、
僕の作品作りの原点。




6. あなたとワルツを踊りたい


リメイクその3!
街の酒場で楽しそうに踊る人たちの中で
憧れの女性になかなか声をかけることができない男。
彼はその想いを歌とアコーディオンの音色に託し・・

昔からフランスやヨーロッパ各地で愛されている
【ミュゼット】という音楽スタイルにのせて綴る物語。
チューニングが違う2台のアコーディオンを使い分けて
ミュゼットスタイルで弾きまくってます。



7. ラヌラグ劇場

パリの西のほうに実際にある小さな劇場の名前。
5年前にアコーディオンを抱えてパリに行ったとき、
この劇場で開催されていた【Cirque du manouche (ジプシーのサーカス)】
を観てものすごい衝撃を受け、
滞在中繰り返し何度も見に行きました。
劇場のロビーでドキドキしながら待っていたら、
開場まで間もなくという頃、
アコーディオン、クラリネット、ギター、ウッドベースの
ジプシー楽団がいきなり目の前で演奏を始め、
しばらくしたら客席のドアが開き
その楽団のパレードの後ろに続いて客席へ入っていきました。
そこから先は夢のような世界・・

その時の光景を歌詞にしています。
演奏もあのジプシー楽団と同じ編成で。



8. Clap your hands, Take my songs

ラストはアルバムタイトル曲。
Clap your hands,
僕が好きな音楽って、
とにかく楽しくて思わず手拍子をしたくなるようなのが多くて、
自分の作品にもかなり色濃くそれが出てます。→「clap your hands」。
そんな僕の作品が、
みんなの家や日々の暮らし、人生の中へ
一緒に連れて行ってもらえたら
こんなにうれしいことはありません。
「Take my songs」 はそんな意味。


僕が職業としてやっている「音楽活動」だって
ほかのどんな仕事とも同じで
楽しいことばかりじゃないし、
なんでこんなことやってんだろうって嫌に思うようなこともたくさんあって、
でもふだんはそういうの絶対表に出したくないんですけど、
活動10周年記念としてこの曲にちょっと出してます。笑


でもそれはもちろん、
単に愚痴をこぼしたいんじゃなくて、
それでもがんばってつづけていることが
誰かの励ましや支え、勇気になったりするなら・・


そんな想いを込めて熱唱してます。







ジャケットデザインはlucy design さん。
20年以上デザイン一筋のキャリアをもつ、
「こんなオトナになりたい」と思わずにいられない男性です!
lucy さんオススメの福岡某所で撮影。
かわいさあふれるリンギンとはまた違う、
30代のオトナの雰囲気を表現して下さいました。
d0010809_18155593.jpg

by takehito_arai | 2010-12-20 17:54 | 演奏スケジュール
12/30 ライブキャスト発表!
さあ、今年も残りあと半月です。
年末ライブまでも、あと半月。


ニューアルバムのプレス発注も
すべて完了しました!
28日に我が家に届く予定ですが、
年末繁忙期で配送トラブルさえ起きないよう・・
皆さんも無事を祈ってて下さい!!!

製作にかかわって下さった
engineer 24B フィッシャー高岡さん
lucy design さん
STUDIO APARTMENT KICHI 関係者の皆さん
心より御礼申し上げます!!




そんなニューアルバムもリリースとなる12月30日、
araitakehito 3010 anniversary live
[Clap your hands, Take my songs]
お待たせしました!出演者発表~!!

・・念のためですけど、
全部のバンドに僕が入ってますからね。
おなかいっぱいになりますよ~笑



まずはバンドから。

・Ringin' Bells Rondo Club
これはもうね。いまさら語るまでもないですね。
年々若くなってる?ピアノ弾き、
年々丸みを帯びてる?サックス・クラ吹き、
年々腰が低くなってる?タイコ叩き。
老若男女、
特に3~4歳のキッズたちを虜にしちゃう罪なバンド!


MADOKA PLAYBOYS
このバンドのメンバーではようやく僕が最後に30代の仲間入り。
無差別トークのギター・ボーカル、みつのんさんと
無国籍スラッピンベース、ハッサン王子。
苦くて愉しいスウィングのリズム。
一度味わうと癖になる、オトナノアソビをご堪能下さい・・♪


・porco
僕が「バンド」として活動したのはこれが最初。
それまではひとりでレストランなどでの演奏しかしていなかった僕も、
このバンドがあったからこそ
活動がどんどん豊かになっていったし
たくさんの人とも出会い、
そこからリンギンも生まれました。
僕の10年の活動を木に例えると、
最初の1~2年、ひとりでやっていたころは「種」、
そしてポルコは「根っこ」。
表には出ていないけど、
いまでもずっと僕を支え続けてくれています。


・Ringin' Fantasic Orchestra
今年の11月、キャナルのツリー点灯式で
ゲスト参加してもらったメンバーにも再集結してもらいます!
tenor sax / Kosuke
trombone / Mami-bonne
flute / Yukki
bass / Hassan


そして、みんなが待ってたこの男!

中西弾
リンギンスタートからの2年半、
僕のすべてのリクエストを
顔色一つ変えずにクリアしてくれたバイオリニスト。
昨年末の退団ライブからちょうど1年ぶりの共演!
つーか会うの自体1年ぶり!
音を合わせるのも久しぶりでワクワクです。
今のリンギンではやってないあの曲やアノ曲を・・
そうです!やっちゃいます!ご期待~♪



フードはこちら~♪

キラキラカフェ とねりこ
ライブ特製キラキラフードを数量限定で販売してもらいます!
売り切れ御免!



そのほかにも出演交渉中の方がもう少し・・
決定次第発表します!




araitakehito 3010 anniversary live
[Clap your hands, Take my songs]
12月30日(木)

ROOMS 福岡市中央区大名大名2丁目1-50,3F tel: 092-751-0075
18:00 open / 19:00 start
¥3000 (1drinkつき)

ライブ全体は3部構成。
長時間でも楽しんで頂けるように、
今回は客席に椅子を並べます。
そんなわけで定員100名・要予約となっております。
ご予約はお名前・人数をこちらまで
rbrclub@yahoo.co.jp
定員締切間近!
by takehito_arai | 2010-12-16 02:50 | 演奏スケジュール